たくさん書きたいブログ

23歳。元アクアリウムショップスタッフ。結構ズバッと書きます(書きたい)。

幽霊が何なのか正体まだわかってないの?僕はこれしかないと思ってる。

本当にあった怖い話がテレビで放送されていましたが、なぜ怖い幽霊しかいないのか、なぜ女風呂にいかないのか、なぜ髪の長い女の幽霊しか出てこないのかが、よく疑問視されますが、なぜこのような理論が出るか僕には疑問です。

 

どう考えても幽霊がお賃金をもらって働いてるからでしょ。

だから髪型も固定されてるわけです。短髪NG、元気NG。長髪OK青ざめた顔OK。

 

労働者(ここでは幽霊)が会社規則をしっかり守っている事から、ホワイトな条件に間違いないでしょう。サボってる所なんか見たことないし、私語もしないしね(死後だけに)

 

ここで僕がこのような事象を踏まえて労働条件を予測。

 

 

労働条件

化かし屋グループ

全国積極採用中!化かしスキル0でもOK!

現世に未練があるけど、蘇りたいかと言えばそうでもない…

そんな人でも大丈夫!

 

ここがポイント!

✔業界未経験・社会人未経験大歓迎!充実した研修があるから大丈夫!

✔年間休日数125日以上でプライベートも充実!

✔有給休暇消化率100%

✔個人にあった自由な働き方!

現世の人々を脅かすだけの簡単なお仕事!

✔充実の福利厚生

 

募集要項

【募集背景】

現世でのプロジェクト(特に国内)が多数あり、将来を担う人材を育成していくための募集です。

未経験者には3か月の手厚い研修もあります

 

【仕事内容】

現世の人を驚かせる仕事です。気味悪がせるだけでもOK。

働き方は人それぞれで、A氏は雨の中タクシーに乗車したり、B氏は人の後をついて行って逃げた所を回り込んで脅かしたりします。

お仕事に慣れていくと、その土地の住人が近寄らなくなりますが、著名な人が来るようになるので有名人と接触するチャンスも。

 

 

【求める人材】

学歴・経験不問。人物重視の採用です!ほとんどの方から未経験からの入社!※文系、未経験、第二新卒も歓迎! ★もちろん、経験者も大歓迎です!

コミュニケーション能力問いません!

 

【勤務地】

全国いずれかのプロジェクト先※U・Iターン歓迎

暗くてジメッとした所が多いです。

【勤務時間】12:00~5:00

【給与】♢未経験者/25万円+残業代♢経験者/30万円+残業代

 

【諸手当】

住宅手当(2万円)

交通費全額支給

時間外勤務手当

2種類の制服を提供。(赤、白)※ほとんどの方が白を選択します。

 

考察

恐らく死者が(この世に)戻って来ないのも、あまりの労働条件の良さでしょう。

しかも中途採用率100%(現時点)

 

彼(彼女)らが昼には出現しない事から、勤務時間は深夜から朝方のうす暗い時間だと推測。ここは人によってはツライ所か。

 

勤務地が全国各地にある事は良いがうす暗くて埃っぽい所はマイナス点だが、掃除をしなくて良い所と給料が良い事から目をつむれるはず。

 

まず間違いなく白の制服と赤の制服は固定で支給されるでしょう。(ソースは今までのテレビ番組や写真に写り込んでいる物)

汚れても傷が入っても問題がない所は言わずもがな。(逆に推奨されてる可能性も)

 

男性は事務員か黒子的な裏側の役目である事が大半。(気味悪い雰囲気作りなど)

これも出てくる幽霊が殆ど女性な事から推測。

 

繁忙期は6月から9月くらいだが、逆にそれ以外は仕事の数が激減するので来季に向けた準備をしているはず。

 

しかし業界が独占状態にある為、業界の成長が止まってる事が問題視されているはず。

その結果写真に写り込んだり、音声に割り込んでくるなどの古典的な方法しか行われていないのです。

テレビに出てくる写真もどうみても古い写真が多く、使い方がわからない事からか。

 

働き方としては確実にITの波に乗り遅れていますが、この手法の強味はアナログだろうがデジタルだろうが使える手法な為問題のない所。(レコードなどの古い物からVRなどの最新技術でも出現出来る。)

そう考えるとそこまでIT化しなくても良いのかもしれない。

 

大事なポイントですが、おそらくあの世ではベーシックインカムが導入されています。

なぜなら死者の数に対して出てくる幽霊の数が圧倒的に少ない。

 

これでは接客してる人(目に見える幽霊)が少なすぎて、あまりにも死者の数に足りなすぎる。

多くが事務員として裏方で働いてる可能性も否定出来ませんが、驚かせる以外の仕事を見た事がない(それ以外に見た事あれば提供お願いします)からあまり多くないはず。

このことから働いていなくても食える、余暇を楽めるだけの最低限のお金の支給がされている事は間違いない。

 

それか出てくる幽霊はスターダム的に選ばれた人材である可能性もある。

 

稼いだ資金を何に使っているかはよくわからないが、しばらくするとほどぼりが冷める事からおそらく退職後に向けての貯金であろう。

 

まとめ

まず幽霊は間違いなく労働している。人が近寄らない場所で働いているのも労働条件が良い事と、コミュニケーション能力不足な人でも働ける事から。

 

あの世では日本より進んだ制度を導入しているが、IT化は徐々に対応していくはず。

 

ちなみにこれは日本版です。海外ではジーパンデニムの幽霊が出たり、死後にゾンビとして復活してる事から国柄のビジネスの違いが見えますね

元アクアリウムショップスタッフが断言する。女性必見!お部屋のインテリアとしても楽しく手軽に始める20㎝キューブ水槽。

”ちょっとだけアクアリウム”やってみませんか?

デスクの上に置いたりカウンターの上に少しだけ置くくらいのミニマムな水槽って、インテリアとしては最高ですよ。

 

そこで今回は”インテリアとしても抜群な小型水槽で飼育してみよう”で書きます。

 

お店に行くと予定よりでかい水槽勧められて、いらない水質調整剤も勝手につけられてあれよあれよと10,000円くらい払っちゃうみたいな事があるんですけど、僕のブログさえ読んでおけば、そんな事なくなる。時短最高コスパで運用出来ます。

考える時間もない程忙しい現代人向け。

 

20㎝ cubeである意味

アクアリウムって男性人口が圧倒的に多いんですけど、小型水槽でインテリアだったら女性でもいいんじゃないかと思っていて、手間もかからないしコストもかからないし、何より水換えが楽。

 

うちの店では失敗したけど、コケリウムなんかも女性ターゲットで展開してたしね。 

ちゃんと腰を据えて趣味でやるなら別ですけど、とりあえずとかやってみたいなって人には良いと思います。

 

ここでなぜキューブ水槽(いわゆる正方形)なのかって事を説明すると、単純にどこの面から見ても見える面積が変わらないから。

 

つまり、わざわざ部屋の壁側に置かなくてもインテリアになるって事ですね。

さすがに重さは考えた方がいいけど、ある程度どこにでも置けるのも便利。

 

レイアウト性も高いし、意外と水の量入るからって事もおススメポイント。

 

コツ

始める基本的なコツとしては全部ちょっとだけにする事。

求めすぎると失敗します、恋愛と一緒。

 

何をしたいか水槽の目標を決めます。

メダカなのか熱帯魚なのか、植物なのか。

 

決めたら水槽の調達。生き物は一番最後ね。

最後の最後にお店に行って気が変わっても大丈夫なようにしとく方が良いです。

実物見てみたら意外と違ったなって場合にも対応出来るしね。

 

いつも通りコスパチョイス。

最低限のセット内容。

少し大きめの最低限内容。

 

ろ過機が少し良いやつ。

やっぱり手軽にやるんだったらGEX値段安くて良いんだよね。

ちなみにひとつ目とふたつ目水槽はエアポンプ(いわゆるブクブク)うるさいから、安眠したい人は3番目がおススメ。

 

ガラスの質が高いからインテリアとしてはこっちの方がおススメ。

ろ過機もインテリア用に水の中に入れるものだし、水槽の中で全て完結するから見た目は綺麗になる。その代わり中のスペースは狭くなるから注意。

 

飽きたらやり直すか新装備

飽きた場合はやり直しましょう。

あれこれと混ぜ混ぜでやってるうちに、汚くなって意味がわからない水槽が出来ます。

 

インテリア水槽の魅せ方にはふたつの表現があり、ミニマムな空間が活きてる水槽なのか、大自然を切り取ってきたかのような壮大な水槽のどちらかです。

 

中途半端な水槽は、ただただ管理が行き届いていない汚い水槽になってしまいがち。

そもそもインテリア水槽として部屋に置くなら、なるべくメンテナンスは最低限の方が良いですよね。

 

もし別な事がやりたくなったら水槽の数を増やしてしまった方が良いと思います。

たかが20㎝の水槽です、汚い水槽がおいてあるより水槽が2つあった方が見栄えがずっと良いです。

 

大自然水槽はコストがかかるので、今回は対象外とします。

 

余裕があれば順次ライトを追加

ライトが見せる効果って凄いのでインテリアでやるなら間違いなく、ライトつけた方が良いです。

っていうか点けないと未完成の水槽みたいな感じになる。もちろんLEDで。

 

まとめ

僕は現在インテリアじゃなくて、魚の飼育をしてる水槽がメインです。

うちの水槽にちょうど20㎝空っぽ水槽があるので作っていきます。

 

ちょうど今からブログを読み始めた人も一緒に作っていきましょう。

 

元アクアリウムショップスタッフが断言する。アクアリストあるある。

アクアリストあるあるって意外と多いと思うんでまとめました。

 

1.部屋は掃除しなくても水換えはする。

結果的に水槽の中は綺麗でもキャビネットの中は汚い人多いですね。

掃除用具をしまう場所の掃除をした方が良いと思います。

 

2.スシローの水槽に見入ってしまう。

やっぱ海水魚綺麗だなーじゃないよ。あなたの番号呼ばれてますよー。

 

3.ドンキの中より入口で時間がつぶせる。

大きめのドンキの前の海水魚コーナーが凄い楽しい。

 

4.水族館に行ったらでかいギンポとかエビの方が楽しい。

人気の少ない水槽の前にいるやつは間違いなくアクアリスト

 

5.水族館に行ったら魚より設備に目がいく。

サンゴのコーナーで上のLED見てるやつは間違いなくアクアリスト

 

6.この店わかってんな、とか言っちゃう。

熱帯魚のラインナップがよくわかんない時によくある。

横に彼女がいる初心者アクアリストにありがち。

 

7.ホームセンターに稀にいるレア魚買っちゃう。

 多分管理者がアクアリスト

 

8.水換えで心が無になる

 突然開かれる悟りの境地。中級者以上になると起こる現象。

 

9.水槽を見ない

なぜなのか。意外と水槽を見ない。そして店に行った後だとよく見る。

 

10.DIYが上手くなる

自分で改造とか始めていつの間にか工作が凄いうまくなる。

 

11.突然全部辞める。

もういいや、その日は突然訪れます。

 

 

共感したら☆下さい。

元アクアリウムショップスタッフが断言する。初心者がケチったらいけない3つのポイント

いくらネオンテトラ安いからって言っても何回も死んだらやる気なくなりますよね。

やめてしまうのが一番のコスト高なんだけど。

 

だから失敗しない為にもポイントを絞ってコストをかけていくのがもっとも上手なやり方で、全部にお金をかけていくスタイルは古いかなと思います。

手抜きしたい人はコストかけるってのもありで、むしろおススメする。

 

飼育する生き物にもよるけど、基本的には3つのポイントさえコストしっかりかけてやれば絶対失敗しません。

逆にいえばこれ以外は適当に選んでも良い。  それくらい重要。

 

 

 バクテリア

店員に勧められてるのに、よくわかんないからって無視してる人結構いるけど大損してるから。

これが今後自分の水槽で魚が死ぬか死なないからのカギを握ってると言ってもいい。

 

一番重要。個人的には一番はこのバクテリアですね。

 

お客さんにも使ってもらってたけど、これで失敗したって人1度も見たことないですね。

それくらい信用の高い商品かなと思います。

 

僕が毎度の水換えに使ってるのはこっち。

量も多いし、こっちのバクテリアは水槽の立ち上げよりも水質を整えるのに向いてるかなと。実際に立ち上げに使った時は少し濁ってたしね。

 

ろ過機

もちろん水質を整えるためにバクテリアにコストかけるんだから、そのバクテリアの家にもコストをかけた方がいいのは当然です。

 

しかし優先度でいえば若干下がる。僕が前回紹介した水槽セットの物を使っていれば確実だし、使う水槽の目安が書いてあるしね。あれ無視して選ぶ人なんていないでしょ。

 

僕が働いていた店で一番売れてたのはテトラのATシリーズ。昔から売ってるから信用で買ってる人も多いかなと思います。(僕の店はご年配から家族連れが多かった。)

個人的なおススメとしては、GEXの上部フィルター。っていうか45㎝以上でこのフィルター使える条件ならコレ以外を選ぶ必要がない。

対応サイズが45㎝から60㎝までと広いのが抜群に良くて、前回紹介した52㎝みたいな中途半端なサイズの水槽でも使えるのが良い。

ろ過スペース大きいんで水を綺麗にしてくれますね。

 

値段も上部フィルターとしては妥当な値段。

 

ライト

早速前回紹介した水槽になかった商品の事言いますけど、ライトはコストをかけろ。安い物に意味なし。

初心者が悩みやすいポイントのライトなんですけど、悩んだら高いの買いましょう。

 

まず安いライトって薄暗い。それと水草が育たない。

本当に魚見る為だけのライトになっちゃいます。

 

ライトで水槽の雰囲気って全然変わりますからね。部屋のインテリアとして置いてる人にも気を遣ってほしいところ。

 

白のみのライトよりは、2色くらいは入ってた方がいいんじゃないかな。

白のみだと水槽が不自然にビカビカして見る人によっては違和感を感じると思います。

店でこのライト点けた事あるんですけど、これは凄く良かった。明るいし色の出方も自然だった。

 

まあしょぼい光でもマツモは育つんですけど。

 

まとめ

この3点はコストかける価値があります。ライトなんか水草やりたい人とインテリアで飾りたい人は絶対コストかけるべき。

 そこケチると、うわーおしゃれな水槽だなってなりません。

 

ぼくはバクテリアはしっかりとしたものを買ってました。最初の失敗の印象って凄いでかいんで、失敗すると熱帯魚はすぐ死ぬって思うようになりますよ。

元アクアリウムショップスタッフが断言する。コスパ良すぎる水槽セット3選。この水槽以外で始める意味がわからない。

アクアリウムショップスタッフという肩書を活かして、

superduperultraman.hatenablog.com

superduperultraman.hatenablog.com

 

 

と、紹介してきたんですが生体買う前に用品で悩んでるんですけど、って人がそこそこいそうなので水槽セットを紹介しようと思います。

 

上の2記事読んでる人はなんとなくわかると思うけど、僕ってコスパ悪いの嫌いなんですよ。

 

やたら高いのに、地味な熱帯魚とか絶対飼いたくないんですよね。

用品も同じで無駄な容器とパッケージで金取ってんなって物は買わない。

 

アクアリウムって似たようなパッケージに似たような商品ばっかで、何選んだらいいか正直わかんなくないですか?特に餌。絶望的だよねあれ。

 

だからこそ、元ショップスタッフっていう”超”信用の高い肩書を使って選んだので、迷ったらここに書いてある初心者水槽を買ってください。絶対後悔しないから。

 

今回はコスパを最大限に意識して選んであります

 

 

 

テトラ ホワイトアクアリウム52

売り場で見つけて即買いしました。最近流行りのスリムローですよ。 

水槽用ライトいらないって人に最高の商品。

 

すげー安くないですか?

水槽とろ過機のセットなんですけど、このろ過機

これなんですけど、ろ過機の値段で¥1,550円

水槽の値段が¥1,000円ちょっとって笑っちゃう。

 

水の量でいえば、そんなに多く入らないんですけどそこが逆にメリット。 

フルサイズ60(60*30*36)とか置くようなスペースないし大きいよなって人多いんだけど、52スリムローだと水景も楽しめるし、軽いから場合によっては机の上とかカラーボックスでいける。重さだと半分以下になるんじゃないかな。

 

だからスペースの節約になるし、そこそこ熱帯魚の種類も入れれるし便利です。

 

ちなみにロータイプである事のメリットの最大の良さってメンテナンスがしやすい事。 

前面のガラス面のコケ落としが超しやすいからね、これ使ってて一番実感しますね。

 

初心者の1本目にも良いと思うし、2本目のサブ水槽としても使える水槽。

岩組レイアウトとか造花でやる人はマジでいいと思う。

超おススメ。

 

GEX マリーナ450 

この企画でこの値段。動物園の猿でもわかりやすく安くて良いよね。

45㎝とか60㎝の水槽って汎用性が高いんで、今後の用品の追加を考えると便利です。

特にライト買おうと思った時に有利ですよね。

 

ろ過機が上部フィルターなのも強味。外掛けフィルターよりろ過能力が強いので、お水綺麗にしてくれます。

 

それとやっぱり奥行きあると、水の量が入る事とレイアウトの作りやすさが全く違う。

しっかりレイアウト作りたいなら奥行きあった方が作りやすくて良いと思います。

 

上の商品と似たような環境の人におススメだけど、やっぱり高さと奥行きがあるぶんこっちの方が水入れると重くなるから、もうちょっとしっかりとした環境を整えて始めたい人はこっち。

 

 

ちなみに45㎝の方ね。60㎝なら下に紹介してる商品の方がおススメです。

 

コトブキ工芸 アクアリスト600S

LED付きで買うなら1万は切らないと。

セットで買う人はこれから始めようって人が多い事を考えたら当たり前。

 

60㎝の水槽だとLEDの相場として5000円くらいなんですけど、残りの5千円で水槽とフィルターの価格を考えるとどれだけ安いかわかりやすい。

 

金魚すくいですくってきた金魚を入れるためにちょっと水槽買いたい人”には高めだと思うんだけど、趣味としてのメイン水槽でやるなら絶対コレです。

僕も次に60㎝買うならコレ買います。

 

60㎝は楽しいですね、選択肢が圧倒的に増えるし出来る事が多くなる。

 

まとめ

結局中型水槽多めになりましたけど総合的なコスパ考えると当たり前で、小型水槽は微妙な商品が多すぎて選定が難しいんですよ。

暇がある時に小型水槽でも割とコスパが良い水槽セットでも紹介しようかな。

 

結果としてやっぱりGEXとテトラは安い。

GEXアンチめっちゃいるけど、物さえ選べば全く問題なしだと思います。

コトブキのアクアリストは本当に欲しいな。レイアウト組んでみたい。

 

 

元アクアリウムショップスタッフが断言する。海水魚を飼いたいけど諦めてる人が読むべき記事。僕がやってた3つの事。

僕は個人的に海水魚を飼育し始めて3年が経ちます。

水槽内の魚を3回全滅させました。

 

理由はわかってます。僕が間違ってエアレーション止めてしまったから。

悲しかった…。

 

しかし謎の死因で失敗した事は一度もありません。

 

やってる事はみんなと変わんないんですよ。

ただ水換えしてバクテリア繁殖させてただけ。

試験紙使ったりとか一度もしてません。淡水の延長線上の飼い方で飼育してました。

 

そのコツを伝授しましょう。

 

あ、サンゴは真剣にやってないから海水魚を飼いたい人向けの記事ね。

 

 

慎重に飼育してた

ぶっちゃけコレなのよ。

 

失敗してる人によくあるのが焦って飼育を始めちゃうこと。

なんでそんなに水槽触るの?ってくらいドンドン水の状態を換えちゃう。

 

水早く整えたいし、コケも出したくないからってあれもこれもって水槽に投入して薬漬けにするのはよく分かんないですね。

 

っていうか最初から海水魚にめんどくせえは禁句だから。

 

僕は一度水作って用品を揃えたらそこからは1か月間全く触らなかった。

さすがに電気点けたり消したりはしたけども、水に手を加える事はしなかった。

 

なんでかっていうと、僕がお店にいた頃の実体験として余計な事をすると失敗してしまうのがわかっていたから。

知識に自信がないうちは、下手な事するよりも待った方がベストです。

 

ちなみに一番最初に投入した魚がブラックチップアネモネです。

そこからオトヒメエビとか色々入れたけど、エアレーション止めて殺しちゃう3ヵ月くらいは病気知らずで全部元気でした。

 

魚の種類を選んでた

ヤッコとチョウチョはマジで最後に入れましょう。

いくら簡単な種類だからってルリヤッコとかミゾレチョウとか入れても絶対失敗します。ハナダイの類もね。

 

正直に言いましょう。一番最初に飼おうと思ったキッカケになったのってカクレクマノミですよね?

じゃあカクレクマノミにしましょうよ。カクレクマノミ導入に向いてますよ。

丈夫だし餌もよく食べるし協調性もあります。

 

だから僕はクマノミの類を最初に水槽に導入しました。

これが大正解でしたね。病気知らずで最後まで飼育出来ました。

 

個人的なアドバイスとしてルリスズメダイは絶対飼うな後悔する。

デバスズメはよく死ぬ。

 

 

適当だった

最初の道具選びと魚種選びは慎重にしてましたけど、魚を入れ始めてから適当に飼ってました。

適当っていうと勘違いすると思うんですけど、サボるって事ではないんですよ。

 

ちゃんと週に1度は水換えやってましたし、水の継ぎ足しもしてました。

塩分濃度も測ってたし。

 

では何が適当なのかと言われたら、水槽に対して情熱を向けすぎない事。

レイアウトの組み換えしたりとか餌をあれこれあげたりとか、1年後には絶対にやってなさそうな事はやりませんでした。ろ過機の掃除も全くやらなかった。

 

 

 

でも失敗してる人って面倒って言うくせに、手をかけまくって水槽崩壊しちゃってるんですよ。

余計な所で力を入れてるから失敗してる事に気付かずに。

 

それで新しく飼いたい人に難しいとか言っちゃう。

あえて元ショップスタッフの目線で言うけど、偉そうに失敗した事を自慢しないでください。

 

 

まとめ

海水魚って楽しいんだよ。難しいのは手を抜いてコストもかけないから。

コストを抑えるなら手をかけましょう。手を抜きたいならコストをかけましょう。

海水魚は難しくない、手がかかるって事です。

元アクアリウムショップスタッフが断言する。コレが初心者におススメする熱帯魚5種類だ!

前回書いたグッピーがいかに初心者に向かないかを読んだ方、じゃあ何飼えばいいのって人多いでしょう。

 

superduperultraman.hatenablog.com

 

 だから僕がセレクトしました。しかも5種も選んだ。

 

僕がこれからおススメする熱帯魚は、綺麗で飼いやすく勝手に増えないです。

あと病気に強くて丈夫。 

 

では早速といきたい所ですが、その前に”飼い込み”って言葉を聞いた事ありますか。

飼い込みって要するに、”めっちゃ飼ってコイツの本来の状態になってるよ”って事。

痩せてないとか色が出てるとかね。

 

飼い込みって性質上、最初はグッピーより地味になります。最初は凄い地味マジで。

でも最大限に飼い込んだ個体、絶対グッピーより綺麗だから。

その分グッピーより絶対長く楽しめるよ。

 

この”飼い込み”が楽しめる種類を選んだので、1週間に1回くらい写真でも撮ると楽しめるんじゃないかな。水換え前に撮ってね。

 

※今回大きさが大きくなるって説明してるのは、飼育してれば成長を感じるよって意味で書いてあります。

 

小型熱帯魚で気の荒くない魚でセレクトしてあるので、混泳(色んな魚種で泳がせる)を楽しんでください。

 

 

カージナルテトラ

 

ぶっちゃけ乗せなくてもいいくらいの定番。

カージナルだったら”似てるしネオンテトラで良くね?”って思いますよね。

 

アクアリウムショップスタッフ的には断然カージナルテトラ

特に水草も入れてるなら絶対。

 

カージナルテトラネオンテトラの違いは、色の入り方と大きさ。(値段も)

店に売ってる状態でしか見ないから、誤解しちゃうんですよ。

 

飼い込めば全く違う。水草の緑との対比でカージナルテトラの赤が凄く綺麗になるし、大きさが出てくる分存在感も申し分ない。

 

楽しむコツは殺風景よりも、水草を少しでも入れる事。

初心者だとアヌビアスナナとか良いんじゃないかな。ひとつ入れるだけで”水槽らしさ”が出るし。

 

チェリーバーブ

コスパ最強。飼い込み最強。定番種(基本的に在庫として常駐してる種類の事)。

この3拍子が揃ってます。1回は絶対飼育して欲しい魚です。

チェリーバーブの良さは圧倒的に飼い込み甲斐があること。

 

よく熱帯魚屋にいるオレンジ色の魚です。

おススメされないと、気にも留めないような熱帯魚。

しかし、めっちゃくちゃ赤くなります。赤というより真紅。

 

この赤い状態に持っていくまでが時間かかる。

毎日色が出てないかチェックするのも楽しいし、餌もよく食べる。

 

真っ赤な状態のチェリーバーブって店だとまず見れない。

熱帯魚屋の魚って基本的には長期在庫でない限り、多すぎる水の出入りで本調子ではないし、色出てるやつから売れていくからね。

 

カージナル定番すぎて嫌だって人、超絶おススメ。まず飼ってみ。絶対後悔しないから。

 

 

コリドラス

2chアクアリウムスレでもよく話題になるコリドラス

特に、生き物飼育>インテリア な人におススメ。

 

正直飼わないと楽しさがわからない所が弱点。

お世辞にも色が綺麗で水槽の主役になりますよ、とは言えないし。

 

 

 

コリドラスって飼ってると子供みたいに思えてくるから不思議。

普段はぼーっとしてて、餌の時になるとめちゃめちゃ活動的になる所が似てるんでしょう。クラスにひとりくらいいるおっとりデブキャラと同じ。

 

水槽の底にいるので、よく混泳する魚に選ばれます。

 

ミクロラスボラ ブルーネオン

定番種じゃないので、見かけたり見かけなかったりするんですけど、個人的に入荷した時の衝撃からセレクト。

 

とにかく緑が濃い。しかもギラギラ光る。

この手の色が出る魚って気が荒かったり、色の出方が淡くて初心者が楽しむためにはちょっと難しかったりするんですよね。

 

でもミクロラスボラだと体が小さいし、色がはっきりと出てくる。

若干手に入りにくい事以外は、メリットしかないと思います。

 

ラミレジィ

ちょっと値段が高い所以外は最高。

ある程度熱帯魚飼ってきて、次なに飼おうかなっていう人におススメ。

 

ラミレジィとは言うものの色が複数あるので、お気に入りの色を探すのもいい。

飼い込む事で色の発色が良くなってきます。淡い色が出てきたり、鱗がメタリックに光ってきたりそれぞれのラミレジィの良さが出てきます。

 

個人的には20キューブとか30キューブとかの小型水槽にペアだけ入れてレイアウト組んで楽しみたい。絶対綺麗。

 

 

それでもグッピーがいい人

国産グッピーであれば楽しみ方が増えます。

自分でペアリングを作って、品種を作りだす事が楽しむ事が出来ます。

ただ結局色んな種類を入れる人はミックスグッピー状態になるから、あんまり違いはないかもしれないね。

 

まとめ

完全に個人の趣味で鯉科が好き。カラシンよりも色がよく出る気がするし。

メロンバーブとかランプアイとかも飼ってみると良さに気が付く場合が多い。

 

グッピーなんて飽きる魚飼わずに、僕がおススメしたやつを飼育した方が100倍楽しめるよ。