たくさん書きたいブログ

23歳。元アクアリウムショップスタッフ。結構ズバッと書きます(書きたい)。

いいから黙って10万のギターにしとけって

物の価値って人それぞれだし、ある人にとってはゴミでもある人にとっては宝って事があって面白いなあと思います。

 

が、ことギターに関してはぼくは20万もだそうとは思いません。

 

その理由を書いていきます。

 

そもそもギターは道具であるし、利用することに価値があるから

ギターは使ってあげる事が一番の価値だと思っていて、ギターを壁にかけて飾るやつの気持ちなんか全くわからないし、部屋のインテリアにしてるやつの気持ちもわかりません。

 

時々しか使わない3千万のギターよりも頻繁に使ってあげる10万のギターの方が楽器としての価値は高いですよね。

音出してなんぼなんですから。

 

なぜ10万なのか

ここでなぜ10万なのかって事に疑問を持つ人がいると思います。

 

10万以下だと、そもそも扱いにくい。

10万以上だと工芸品としての価値>楽器としての価値になってしまう可能性が高いから。

 

10万以下だとコスパが非常に悪いです。

演奏面は慣れてきますが、音作りが非常に難しい。

 

まず10万クラス以下がダメな理由ですが、こちらはあっちこっちに書いてあってわかると思います。

 

理由は音作りの時にアンプだけでなんとかなるから。

それ以下だと色々と試行錯誤しながら音を作っていかないといけないので、それだけでギターを弾く時間が削り取られます。

 

帰宅してから次のライブに向けて練習して、スタジオ用に音作りしてと非常に忙しくてやってられないです。

 

そこで削られる時間の価値を考えると10万クラスにしておいた方がコスパがいいです。

音作りも練習のひとつなんですけど、結局あなたの両手から出てくる音がゴミなら最終的に出る音もゴミを加工した音にしかならないです。

 

耳に絶対的な自信があるなら全然いいんだけどね。

 

次に10万以上にしない理由ですが、こっちの方がわかってないやつ多すぎ。

ギターとかベースってスタジオまで移動するのに運ぶし、もちろんライブでも使うわけじゃないですか。

その20万とか30万の楽器ブンブン振り回してライブできますか

 

楽器としての価値より、物とか金銭的価値で楽器を判断するラインが10万だと思ってます。

冒頭でも述べましたけど、あくまで楽器は楽器なんです。道具なんですよ。

 

いくらの楽器を持ってるかより、その楽器でなにをしてきたのかが大事です。

普通の人では出来ない経験をしてきたのか、自分の思いの丈を伝えてきたのか、全く別の使い方をしてきたのか。

楽器としての価値を自分で生み出してください。買ったときの値段以上の価値がでるように。

工芸品で終わらせてしまうような楽器にするのだけはやめてください。

 

 

俺は全然気にしねーよ、ネックなんか折ってなんぼのもんだろって人には全然関係ない話になってしまいました。(その方が消費増えて経済回るし、ぼくはいいと思う)

 

楽器としての価値より物の価値が大きくならないようにするのが大事ですよ。